如来形

 ◆超入門 Web-仏像ミニ講座 
(仏像を形の観点から見たミニ講座)

   
スマホ用  

→◆スマホ用へ  


◆(1)如来形(にょらいぎょう):
本来の仏の姿


 如来とは、悟りに至った者を意味します。
悟りに至った釈迦の姿を基本として、釈迦
如来が作られ、やがて他の如来像へ発展し
てきました。
 如来の特徴として、仏相三十二相八十種
好というのがあり、それにそった表現がな
されますが。実際には三十二相八十種好全
ての表現は現実的には不可能で、その一部
を取り入れた表現がされています。また仏
相の中の幾つかの特徴は、菩薩像にも取り
入れられています。そんな中、如来のみの
特徴としてもっとも象徴的なものは頭部の
盛り上がった形 肉髻(にっけい)です。
螺髪(らほつ)と言って髪が渦巻き状にな
って入る事も特徴の一つです。瞑想の時の
姿で装身具はなく、納衣(のうえ)という
布(法衣)をまとっているだけです。彫刻
する場合は、この納衣のひだ、衣紋(えも
ん)に工夫を加え美しい流れを表現します。
納衣の着かたも何通りもあります。ですが、
納衣の着かたや衣紋から、如来の種類を見
分ける事は出来ません。手はを組みます
が、定印(じょういん):瞑想の形、と説
法印(せっぽういん)が基本となりってい
ます。そこから色々な印に派生しています。
像種により特有の印が象徴的ですが、同じ
印でありながら、見分けの付かない像種も
多数あります。
 如来形は如来のみの特有の形とされます
が、例外として大日如来は如来でありなが
ら外見上の形は菩薩形をしていています。
如来の中の最上位である事を表わす為に装
身具で飾られた結果、菩薩形の表現になっ
たものと考えられます。また弥勒菩薩を、
未来の如来として如来形で表現される事も
ありますが、これは形の上からは、弥勒如
来と考えられます。

 次回は、菩薩形(ぼさつぎょう)について



■ Web-仏像ミニ講座
(形の上からの分類)
簡単に分類すると
(1)如来形
(2)菩薩形
(3)神将形
(4)天女形
(5)僧形
(6)明王形
(7)仏像の髪形
(8)宝髻の形

●仏像の服装
●仏像の光背
●仏像の台座
●仏像の持物


→◆スマホ用へ



誤字、脱字、誤記、等を発見された場合は、
遠慮なくお知らせさい。→

----【トピック】----
◆大河ドラマに続々登場
風林火山」に、不動明王毘沙門天が登場
天地人」に、毘沙門天竜の口 が登場。
篤姫」に、普賢菩薩 が登場。
龍馬伝」に、慈母観音 が登場
平清盛」には、鳳凰 が登場
おんな城主直虎」には、釈迦如来 が登場

◆火曜ドラマ「神の雫」に、弥勒菩薩が登場
◆「ちりとてちん」には小浜の人魚像が登場