【三道】三道相

 ◆仏像まめ知識 (Web-仏像ミニ講座) 


   
スマホ用  

→◆スマホ用へ  


3)赤ん坊のような三道
 ◆仏像マメ知識
  .......三道(さんどう)、三道相

 仏様の首をよくみると三段になっていて横
向きの線が入っています。これは、二重あご、
三重あご?...ではないですよ。首の微妙なふ
っくら感、ふくよかさを表現したもので、赤
ん坊の首にも同様の横線が見られます。三道
は仏相のひとつで、「仏相の三十二相」には
含まれていませんが、現在では、代表的な仏
相のひとつとされており、如来、菩薩、明王
などに見られます。通常は三段の帯状の膨ら
みですが、やはり例外多く、線のないもの、
二段や四段になっている像も多くあります。
因みに広隆寺の弥勒菩薩は四段になています。
これはあごと首の境に一本、首と胸部の境に
一本の線があり、この両方を含め、間に一本
で、三本の線と数えれば、二段になり、上下
の両方を含めずに、間に三本線を作れば、四
段になります。数え方の違いの結果、幾通り
かの形になったと考えられそうです。

 普通の大人の方でも、首をよく見ると赤ん
坊の時のなごりらしき線を見つけられる場合
が多いです。「私もしっかり三道あります」
って人 身近に入らっしゃるかもわかりませ
んね。....えっ!あなたもですか?

 次回は化仏(けぶつ)


誤字、脱字、誤記、等を発見された場合は、
遠慮なくお知らせさい。→


→◆スマホ用へ  



 ■ 仏像まめ知識 ■
1)白毫 って宝石?
2)肉髻は悟りの証し
3)赤ん坊のような三道
4)化仏は化身の象徴
5)印相の意味するもの
6)肉髻珠の秘密

●7)仏像の大きさ身丈


■ Web-仏像ミニ講座
(形の上からの分類)
簡単に分類すると
(1)如来形
(2)菩薩形
(3)神将形
(4)天女形
(5)僧形
(6)明王形
(7)仏像の髪形
(8)宝髻の形

●仏像の服装
●仏像の光背
●仏像の台座
●仏像の持物



----【トピック】----
◆大河ドラマに続々登場
風林火山」に、不動明王毘沙門天が登場
天地人」に、毘沙門天竜の口 が登場。
篤姫」に、普賢菩薩 が登場。
龍馬伝」に、慈母観音 が登場
平清盛」には、鳳凰 が登場
おんな城主直虎」には、釈迦如来 が登場

◆火曜ドラマ「神の雫」に、弥勒菩薩が登場
◆「ちりとてちん」には小浜の人魚像が登場