【化仏】

 ◆仏像まめ知識 (Web-仏像ミニ講座) 


   
スマホ用  

→◆スマホ用へ  


4)化仏は化身の象徴または、化身
◆仏像マメ知識 .......化仏(けぶつ)

 観音像の宝冠に小さな仏像が付いている事
がよく有ります。これは化仏と言われます。
化仏の本来の意味は、「化身(けしん)、応
身(おうじん)、応化身(おうげしん)、変
化身(へんげしん)」等といわれる事ですが、
如来が衆生を救う為に姿を変えて現れたもの
です。化仏をつけた観音菩薩が如来の応化身
(おうげしん)であるなら、観音そのものが
「化仏」という事になりますが、実際の像で
は、応化身である事の象徴として、本地如来
の小さな像を宝冠につけていて、その小さな
像の事を化仏と呼んでいます。この場合の化
仏は立像の場合と座像の場合と二通りがあり
ます。→2)また、光背に数多くの如来をつ
けている場合がありますが、これれも化仏と
呼ばれます。これらは一つ一つが如来の分身
とされ、いろいろな異なる働きを象徴してい
るとされています。→1)
また、頭部に如来だけで無く菩薩やその他の
頭部が付いている場合があります。これらも
化仏といわれます。如来が、色々な姿に変化
したもので、やはり多くの働きを象徴してい
ます。→3)    
 ...微妙な違いでわかりにくいですが

 1)化仏そのものが如来の分身、応身。
 2)如来の応化身である事の印し、象徴
   (→本地仏)
 3)如来のいろいろな変化身(如来以外の
像)がついて、その働きを象徴するもの。
密教の像では、さらに多くの働きを象徴して
多面多臂多眼の像が多く作られています。

 *応身 (おうじん):サンスクリット語で「ニ
ルマーナ」といわれ、「応現した身体」とい
う意味で、「化身」(けしん)と同じ意味、
応化身、変化身、ともいわれる。言葉の意味
は同じですが、細かく区別され使い分ける場
合もあります。


 次回は印相(いんぞう)



 ■ 仏像まめ知識 ■
1)白毫 って宝石?
2)肉髻は悟りの証し
3)赤ん坊のような三道
4)化仏は化身の象徴
5)印相の意味するもの
6)肉髻珠の秘密

●7)仏像の大きさ身丈


■ Web-仏像ミニ講座
(形の上からの分類)
簡単に分類すると
(1)如来形
(2)菩薩形
(3)神将形
(4)天女形
(5)僧形
(6)明王形
(7)仏像の髪形
(8)宝髻の形

●仏像の服装
●仏像の光背
●仏像の台座
●仏像の持物



誤字、脱字、誤記、等を発見された場合は、
遠慮なくお知らせさい。→

----【トピック】----
◆大河ドラマに続々登場
風林火山」に、不動明王毘沙門天が登場
天地人」に、毘沙門天竜の口 が登場。
篤姫」に、普賢菩薩 が登場。
龍馬伝」に、慈母観音 が登場
平清盛」には、鳳凰 が登場
おんな城主直虎」には、釈迦如来 が登場

◆火曜ドラマ「神の雫」に、弥勒菩薩が登場
◆「ちりとてちん」には小浜の人魚像が登場