【印相】

 ◆仏像まめ知識 (Web-仏像ミニ講座) 


   
スマホ用  


→◆スマホ用へ  



5)印相の意味するもの-1
◆仏像マメ知識
   .......印相(いんぞう、いんそう)

 印相、といえば「はんこ」の善し悪し??
..ではありませんよ!。印、手印、印契(い
んげい)とも言われます。仏像の手の形はそ
れぞれに特別な意味づけのある、特徴的な手
の形をしています。その多くは元をたどれば、
お釈迦様の手の形から始まっています。瞑想
する時の手を組んだ形は定印と呼ばれ、数種
類あります。また、衆生に教えを説く姿から
いくつかの説法印がうまれました。多くの印
はこの説法印から派生しています。といって
も実にいろいろな形の説法印があります。ま
た、インド古来の敬礼作法として合掌印があ
ります。これは礼法であると同時に、祈りや
精神集中をも意味します。この印を基本とし
て多くの印に派生しています。また密教では、
修業により伝授される無数の印があり、それ
らは、一般には秘密とされるものが多く含ま
れ、修法によりそれぞれに特別な意味付けが
なされています。像に刻まれるのは、ほんの
一部の形のみとなっています。

一般に目に触れ良く知られる印の中に、阿弥
陀如来の来迎印というのがあります。手の指
で輪をつくっているのが特徴的です。この来
迎印も弥陀の九品印(くぼんいん)と言って
九種類もあります。印と聞いて思い出すのは、
子供のころ忍者ごっこで組んだ印があります
が、おそらく、大日如来の智拳印に似ている
ので、密教系の印から派生して来ていると思
われます(刀印という印にそっくりです。)
また 説法印の中に、転法輪印、というのが
ありますが、釈迦が教えを説く形の基本的な
印ですが、これがとても複雑で正確に組もう
とすると、なかなか出来ません。この印につ
いては、詳しくは、後日にいたします。

 話しが複雑になるので、ちょっと分類して
みますと

   1)定印:瞑想の形
   2)説法印:教えを説く形
   3)合掌印:祈りの形
   4)密教の印:修法上の特別な意味、
          働きを持つ形

また、それぞれの印から派生した多くの印が
あります。

 印相は仏像の種類を見分ける手段の一つに
なっていますが、例外もとても多く、印相で
およそ像種の判別できるものも有りますが、
多くの像は印相だけでは判別しきれないのが
現実ようです。また密教の修法で用いられる
印相については無数の形があるようです。印
相の表わす具体的な意味は、願い、祈り、意
志、働き、救済、等を象徴的に表わしていま
すが、詳細は後日に連載予定です。

次回は肉髻珠(にっけいしゅ、にっけいじゅ)



 ■ 仏像まめ知識 ■
1)白毫 って宝石?
2)肉髻は悟りの証し
3)赤ん坊のような三道
4)化仏は化身の象徴
5)印相の意味するもの
6)肉髻珠の秘密

●7)仏像の大きさ身丈


■ Web-仏像ミニ講座
(形の上からの分類)
簡単に分類すると
(1)如来形
(2)菩薩形
(3)神将形
(4)天女形
(5)僧形
(6)明王形
(7)仏像の髪形
(8)宝髻の形

●仏像の服装
●仏像の光背
●仏像の台座
●仏像の持物



→◆スマホ用へ


誤字、脱字、誤記、等を発見された場合は、
遠慮なくお知らせさい。→


----【トピック】----
◆大河ドラマに続々登場
風林火山」に、不動明王毘沙門天が登場
天地人」に、毘沙門天竜の口 が登場。
篤姫」に、普賢菩薩 が登場。
龍馬伝」に、慈母観音 が登場
平清盛」には、鳳凰 が登場
おんな城主直虎」には、釈迦如来 が登場

◆火曜ドラマ「神の雫」に、弥勒菩薩が登場
◆「ちりとてちん」には小浜の人魚像が登場