仏師 長田晴山 遺影展 -02
仏師 長田晴山 遺影展 ー02

戻る  スマホ用    次へ

1.small 2. 3. 4. 5.

1)青年期、
 戦中、戦後
2)天女像 3)常盤工房 4)鳴滝工房 5)山ノ内工房
戦中、
徴兵、海軍で九州へ

戦後、
木彫家の内弟子
医師の助手
制作活動
師匠との出会

妙心寺大心院
にて天女像の
制作に加わる
日本美術研究所 創設

欄間制作(木彫
弥勒菩薩像
葬儀仏像(樹脂仏像
寺院仏像(原形制作
長崎観音18m
金剛華菩薩
京都大仏
大仏師の称号拝受
名古屋大仏
高岡平和観音
山本アトリエ研修

芦別大観音88m
三十三観音
鎮西地蔵寺大観音

展示室
小作品群

↓ 下へ続く ↓ 

 
10代
20代
20代
30代



大正九年 兵庫県姫路市にて生まれる。
幼くして父をスペイン風邪で亡くす。 
幼年期、倒れてきた燈籠で右手指を骨折
(人差し指第一関節から先を失くす)



戦中、 20代、徴兵され、海軍で青年期
を九州にて過ごす。入隊時に中耳炎で高熱
で動きが鈍くなった時、見せしめの100
たたきに合い片耳の鼓膜を損傷し聴力を
なくす。机に模様を彫ったり木彫の小物
を作ったり、器用で上官に重宝される。



戦後、木彫の師匠に内弟子に入り、師匠
の身の回りの世話をする結婚後、医師の助
手をしながら、家の離れアトリエで木彫を
する。人物や神話像など木彫作品を、京都
大阪の美術展に出展。仏像、人物像、動物
像など、多い時は、一日一体の勢いで彫る

長女、長男を授かる。



34歳 の時、長男を4歳で病気で亡くす。
京都の寺にお骨納めに来て、師匠佐藤玄々
先生と出会う。東京日本橋三越本店の
「天女像」(まごころ)11mの制作作業に
加わる。


制作途中の天女像、妙心寺 大心院にて



次女、次男を授かる
欄間などの彫刻を手がける。


戻る  スマホ用     次へ

1.small 2. 3. 4. 5.

1)縮小版
2) 拡大版
3)常盤工房
4)鳴滝工房
5)山ノ内工房



Copyright (C) 2010
nihon bijyutsu kenkyusho. All Rights Reserved.