現代仏像の技法


現代の仏像彫刻の種類

日本の古い時代には、仏教が学問をリードして来たのと
同様に 、 仏像彫刻の技法は、各時代においては先端技術
とも言えるもので、伝統工芸でありながら最先端の技術
の粋を集めて制作されてきています。
また次々と新しい技法が生み出されてきたのです。

歴史上では、塑像、乾漆像、金銅仏、木彫、石仏 等が
多くつくられてきましたが、現代の仏像彫刻は 素材、
技法で大きく分けると、石彫、木彫、鋳造、樹脂の4種
類になります。それそれに常に発展し、多くの技法を含
んでいます。それぞれには魅力と欠点があります。


主な特徴、魅力、欠点

特徴、魅力
欠点




石彫
素朴さ、屋外自然に良く合う
石の模様、色の面白さ
オリジナルとしての稀少価値(複数制作を除く)
非常に重い、修正が大変
風化が見られる
細かい表現が難しい
形の自由度が少ない
木彫
木の温もりのある質感
優しさ、柔らかさ、木目の美しさ
繊維の強さを生かし細かな細工
小作品は丁度良い重さ
オリジナルとしての稀少価値(複数制作を除く)
湿度変化に敏感で割れやひびが入る事がある
材質により、虫やかびに犯される事もある
壊れ易い、燃え易い
同品質での複数制作は難しい




  
鋳造
(青銅)
金属の存在感
青銅の場合は千年の風雪に耐える
硬くこわれにくい
複数制作が容易
非常に重い(始めての人には驚きの重さです)
鋳込んでからの修正が大変
樹脂
可塑性が高く、形の追求に適してる、
形の修正加工が容易、
色も自由自在、軽くあつかい易い、
重量も自在に変えられる。
複数制作が容易
量産品に多く用いられ、安物のイメージがある
(欠点はイメージだけ??)
実際に安物が多い(嘆かわしい)
 
その他
コンクリート、焼物、等  
*彫塑技法では、まず原形を粘土、石膏、樹脂、その他の
 材料で制作され、その後に、最終材料に置き換えられる。



●自然材料のもつ質感、味わいを重視すれば、木彫、石彫
●強度、耐用年数の実績 で選べば、鋳造
●形を重視して、可塑性、自由度で選べば、樹脂、複合素材




大きく2つのグループ分類

 彫刻技法(狭義の) ----彫って作る(カービング)
 彫塑技法 ----つけて作る(モデリング)
*実際には、彫塑では、つけるのと彫るのと両方使う


カービングは、やり直しが出来ないので、より鋭い感覚が
要求されると言われています。モデリングは何度でもやり
直しが出来るので、納得いくまで形を追求できると言われ
ています。

素人が作る場合、カービングのほうが難しい、とされます
が、実際に最後まで作品を完成させるには、逆で、木彫が
とっつき易く、彫塑では多くの特種な技法の修得や、用具
が必要になるのでかえって難しいという事があります。


 ◆ 作者紹介(作品、略歴)
大河ドラマに続々登場


見学
予約制(無料)


平日、土曜
9:00-18:30
休日や時間外は
ご相談下さい
(有)日本美術研究所  
代表取締役 長田豊彦 
(工房)〒615-0094
京都市 右京区 山ノ内北の口町 4-4
(展示室)〒616-8234
京都市 右京区 鳴滝嵯峨園町 16-1
メール info@seihou8.sakura.ne.jp
TEL 075-842-0455
FAX 075-822-3945用紙



見学申込
制作依頼

 

  

無断転載は禁止致します。画像利用について

Copyright (C) 2005-2018 nihon bijyutsu kenkyusho. All Rights Reserved.